健康診断を受けなかったり、健康診断を受けてもその結果を放っておいたりして生活習慣病が発症してしまうと、会社や仕事よりもまず治療や入院が優先となります。そのときに会社や仕事を休んだら給料が出ない! と不安になり、受診することもなく無理してそのまま過ごしたりしていませんか。

治療に関して休業を余儀なくされたときは、健康保険に加入している場合、その生活を支えるために健康保険から給付される『傷病手当金』があります。この傷病手当金は、健康保険では法定給付となっておりますが、国民健康保険では法律の違いにより任意給付になっています。また、加入する健康保険により給付内容が異なることがありますので、詳細は各健康保険または国民健康保険の保険者にお問い合わせください。

傷病手当金とは

健康保険の加入者が治療や療養のため仕事につくことができない期間に対し、生活保障を目的に給料の3分の2の額を補償してくれる制度です。

誰でももらえるの?

健康保険の被保険者が対象です。被保険者とは実際にその健康保険に加入している方。
その家族は被扶養者となります。

支給されるためには?

以下の条件がすべてあてはまるときに支払われます。
1.療養中であること
2.仕事に就くことができないこと
3.4日以上連続して仕事を休んだとき
4.会社から給料が支払われていないこと

いつまでもらえるの?

傷病手当金が初めて支給された日から1年6ヵ月間です。これは途中で職場復帰しても、再発して仕事に就くことができなくなっても、最初の日から1年6ヵ月経過するまでは支給されます。

どのくらいもらえるの?

だいたい給料の3分の2の額です。この場合の「給料」は「標準報酬日額」という給料の平均額となります。ただし、会社から全額給料が出ていたり、有給休暇を使って休んでいる場合は支給されません。

1年6ヵ月たっても治っていなかったら?

いつになっても病気への不安は消えませんよね。傷病手当金の支給期間が終わっても、病気やケガの状態により仕事に就くことができない状態が続いてしまうと、生活に不安が残りますが、障害の程度により、障害年金や障害手当金をもらえることがあります。

資格喪失後の継続給付については?

「資格喪失」とは、健康保険の被保険者ではなくなってしまうこと、つまり会社を辞めてしまった場合のことをいいます。会社を辞めてしまっても、現に傷病手当金を受けている状況にある場合と、傷病手当金が受けられる状況にあれば、受給することができます。ただし、病状が回復し、一旦仕事に就くことができる状態になった場合には、その後また仕事に就くことができない状態になっても、傷病手当金は支給されません。

傷病手当金を受給している間の社会保険料の支払いはどうなるの?

会社を休んで療養している間の給料が出ない場合でも、会社には在籍していますので、健康保険料などの社会保険料は支払わなくてはなりません。
しかし、給料が出ていない以上、会社側もそこから差し引くことはできません。給料が出ていないからと、会社が従業員負担分の社会保険料までを負担してしまうと、賃金とみなされてしまい、傷病手当金の額がその分減額されてしまいます。
社会保険料は自分で負担し、傷病手当金が受給できたら、会社側から徴収してもらうといいでしょう。

病気やケガで働けなくなった場合には、長期間にわたり収入が減り、家計の負担が重くなることが予測されます。このダメージを減らすために、民間の医療保険にも長期療養時に対応できる保険が揃っています。こういったものを上手に活用し、家計への負担を取り除いていけるといいですね。