月刊 赤ちゃんと!

最新号紹介

表紙撮影/
Junko Yokoyama(Lorimer)

2022年6月号(2022年5月25日発行)


何もかも初めての新米パパ・ママはもちろん、2人目、3人目を育てている先輩パパ・ママにとっても役立つ育児情報満載。読みやすいサイズの中に必要なことだけがギュッとつまった、育児雑誌の決定版!

購読のお申込み

今月の特集


パパの現在地2022

男性の育児休業制度が拡充される2022年。赤ちゃんとパパを取り巻く環境は、今まさに過渡期。がっつり育児にかかわっているパパ、すでに育休取得を経験しているパパもいれば、まだうまく育児にかかわれていないパパもいます。
親子・家族のスタイルは千差万別。正解はありませんが、現在パパたちが抱える悩み、働き方、家族への想いから、きっとヒントが見つかります。


~赤ちゃん・からだ・健康~

うんちのお悩み

坂本昌彦(佐久総合病院佐久医療センター小児科医長)

「うんちは健康のバロメーター」といいますが、受診を迷うときもありますね。
赤ちゃんのうんちの色や便秘など、よく寄せられるお悩みを取り上げます。

●お悩み1 うんちの色
●お悩み2 便秘
●お悩み3 どこからが下痢?
●こんなうんちは要注意!

イラスト/ノグチユミコ


とり分け離乳食で
赤ちゃんといっしょごはん

・かつおの漬け丼

・かつおの竜田揚げ

●6月の旬の食材
●よくある離乳食のお悩みQ&A

指導/川口由美子(管理栄養士)
撮影/Tomoko Yamane

 

すこやか赤ちゃん~季節のお世話と過ごし方~

生活リズムを整える

梶 咲子/東京都府中市/社会福祉法人ゆたか会 このめ保育園 看護師

生まれて間もない 赤ちゃんは一日のほとんどを寝て過ごします。
少しずつ成長する赤ちゃんの生活リズムは、どう変化していくのでしょうか。


イラスト/むらたさき

♪ Mama’s Care 三鷹レディースクリニック院長 天神尚子
『授乳中の薬』
♪ 子どものまなざし 親のまなざし 宮里暁美
『親から子へ伝わるさまざまなこと、その伝わり方』
♪ 赤ちゃんの言葉のたね~「赤ちゃん学」の視点から~
麦谷綾子
『言葉は…いらない!?』
♪ おしごとMama’s Time
♪ エッセイ
『妹の佳奈は頼れる先輩ママ』
三倉茉奈(女優)
♪ ケロポンズの 赤ちゃんとあそビクス
『そい寝ストレッチ』
♪ 育児道を極めるパパボンド
『町役場職員のパパ』
♪ パパの健康相談室
『三大疾病』
♪ パンク町田の生きるための子育て
『プレーリードッグ』
♪ Sahoの みんなかわいく撮っちゃおう♪
『かわいい写真は99%構図で決まる!』
♪ 社会とつながり、支え合う ヒト・モノ・コト
『子どもが自尊心をはぐくむ場作り』
♪ NON STYLE石田明さんのかぞくのじてん

ほか ※ 一部記事が変更になることがあります。ご了承ください。


「赤ちゃんと!」とセットでいかがですか!?

(ただいま、送料をサービス中です)


『お誕生号』

生後一年間の基本的な育児知識をムック形式でわかりやすく集約しました。必要にして十分、毎日の育児の目安として役立ちます。 AB判 全56ページ 278円


『お医者さんにかかるまでに』

病気の症状別に家庭でできる処置をまとめました。いざというときにあわてない、受診の要不要がわかるポイントも掲載。 <監修/東京都立小児総合医療センター> B5判 全46ページ 432円


『保存用ファイル』

『赤ちゃんと!』1年分と『お誕生号』『お医者さんにかかるまでに』の計14冊をぴったり綴じられる専用ファイル。かわいいデザインが好評です。 縦268mm×横220mm×幅50mm 756円

購読のお申込み