「基本のおかゆ」の作り方

月刊『赤ちゃんとママ』で連載している中村美穂先生の「季節のとり分け離乳食」では、基本となる離乳食の時期別おかゆの作り方をご紹介します。

ご飯から作る

  • 上の表を参考に、作りたい分量のご飯と水を鍋に入れ、ご飯をほぐす(時間があれば、そのまま20分ほどおいておく)。ふきこぼれやすいので、深めの鍋を使うといい。
  • ふたをして、強火にかける(ふきこぼれ防止に、ふたの端に菜箸を1本はさんでもいい)。
    沸騰したら弱火にして20分程度炊く
  • 軽く混ぜて(混ぜすぎると粘りが出やすいので注意)、15分ほどふたをして蒸らすとふっくらと仕上がる。

5倍がゆから10倍がゆを作る

5倍がゆ1に対して2倍の湯(5倍がゆ大さじ1
なら湯大さじ2)を加え、すりつぶしてトロトロに
うすめる。

指導・調理=中村美穂