inner-title-1

探究心が盛んになり、首すわりが完成するころ

探究心が盛んになる時期。赤ちゃんが興味をみせたおもちゃなどをもたせてあげましょう。いろいろなものを手にとることで、手指の感覚が発達します。手にとると、口に運んでなめて確認することも。やがて下半身をひねるようになって、寝返りの前段階に進んでいきます。

多くはこのころ、首すわりが完成します。ただ個人差がありますので、まだであっても心配はいりません。次第に音に反応して振り向いたり、背後に振り返ったりすることもできるようになります。

夜に理由もなくぐずったり、大泣きするのが特徴の「夜泣き」は5ヵ月ごろに始まる子が多いのですが、4ヵ月末ごろから始まることもあります。病気ではなく成長とともになくなりますから、赤ちゃんが落ち着くように抱っこなどで乗り切りましょう。

監修:小児科
榊原洋一

スプーンに慣れさせて離乳食の準備を

離乳食の準備が始まるころでしょうか。まずはスプーンに慣れることからスタート。5ヵ月になると、野菜スープ1さじからあげていきます。最初は口からこぼしても、だんだん上手になりますよ。

体温調節機能は、皮膚が暑さや寒さを感じることで発達します。散歩などで外気に触れさせてあげましょう。赤ちゃんはのどが渇いたと伝えられないため、お散歩の前後にはさ湯や麦茶等で水分補給を。

鼻水が出ていたり鼻がつまっているときは、ティッシュでこまめにふきとってあげて。授乳前などに、必ず鼻水をとってあげると赤ちゃんは楽に授乳ができるようになります。鼻の下が赤くただれてしまったら、お湯で絞ったガーゼで押さえるようにふいて、ワセリンやオイルでケアを。それでも呼吸が苦しそうなときは、お医者さんへ。


inner-title-3

自分をケアする時間をもってみましょう

産後の抜け毛に悩んでいませんか。産後数ヵ月ごろから始まることが多い産後の抜け毛は、ホルモンの変化、子育ての疲れやストレス、不規則な生活や睡眠不足などが関係し、個人差はあるものの、多くのママが経験しています。でも新しい髪が生え、産後半年~1年ほどで元に戻るので大丈夫。基本的には自然に回復しますが、気になる人は肉類や魚類、卵、大豆製品、乳製品などタンパク質をきちんととり、休息を心がけましょう。マッサージなどで、頭皮の血行をよくすることも大切です。赤ちゃんのお世話に追われ、なかなかゆったりとした時間がとれない時期ですが、ほんのわずかでも自分をケアする時間をもつことは、子育てをするうえで、大切なひとときにもなりますよ。

監修:東京ミッドタウン
クリニック顧問・婦人科
生月弓子


inner-title-4

予防接種は順調に進んでますか? かかりつけ医と相談をしながら、計画的にスケジュールを組んでいきましょう。

4ヵ月のお子さんの推奨定期接種は…

「ヒブ」「小児用肺炎球菌」各3回目
「ロタウイルス」3回目任意
「四種混合(DPT-IPV)」2回目

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」おすすめスケジュールより

btn-blue

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」ホームページへ

inner-title-5

img-osusume

btn-blue

img-toriwake

btn-blue