inner-title-1

まずは靴を履いて歩く感覚に慣れさせて

伝い歩きに慣れてくると、この時期にはグラグラしながらもひとりで立てるようになったり、数歩程度ならひとり歩きがはじまる子もいます。でも、まだ立たないという場合でも、おすわりやはいはいなど、これまでの発達に問題がないのであれば、あせらずに見守ってあげましょう。11ヵ月でもずりばいをしている子もいますから心配いりません。それから、まだやっと立てるようになったばかりの赤ちゃんが、靴を履いて歩くのは難しいことです。まずは玄関やベランダなどで、靴を履いて歩く感覚に慣れさせてあげましょう。

指先で小さなものをつかめるようになってくると、スイッチを押したり、離乳食をのせたスプーンを自分で口に運んだり、積み木などを二つ重ねてあそぶこともできるようになります。

監修:小児科
榊原洋一

ひっきりなしに鼻水が出るときは…

赤ちゃんは自分で痰を吐きだせないので、せめて鼻水はふきとってあげましょう。温度や湿度、ホコリで鼻水が出るのは自然なことですが、鼻水がひっきりなしに出たら、カゼの引きはじめかも。鼻と耳はのどの奥でつながっているので、鼻のなかのばい菌が耳に入って中耳炎を起こすこともあるので、急な発熱や、手で耳をさわって不機嫌そうなときは耳鼻科へ。せきが続くときは、首回りや胸を温めてあげましょう。

パパの育児参加でいちばん多いのが、赤ちゃんをお風呂に入れることだそう。パパが入れてくれると、ママはゆっくりひとりで髪を洗うこともできて大助かりですね。入浴時間は大人基準にすると温まりすぎてしまいます。せいぜい10分くらいを目安に、湯温はゆるめに設定しましょう。お風呂上がりの水分補給はさ湯や麦茶がおすすめです。


inner-title-3

疲れているときは膀胱炎に注意しましょう

毎日、赤ちゃんのお世話に家事にと頑張っているママたち、本当にお疲れ様です! 慣れない子育ては時間がかかったり、思うようにいかないことも多く、疲れがたまりますね。疲れから免疫力が下がり、細菌感染による膀胱炎になるママも少なくありません。排尿時の痛みや頻尿、尿の濁りがあるときは受診をして、抗生物質でしっかり治療しましょう。日常生活では、十分に水分を摂取し、外陰部を清潔に保つことや、免疫低下を防ぐための休息を心がけましょう。

しっかり眠っても疲れがとれない、関節がはれる・痛む・しびれるなどのときは、自己免疫疾患や甲状腺疾患が隠れている可能性も。おかしいなと感じたときは、一度医療機関を受診しましょう。

監修:東京ミッドタウン
クリニック顧問・婦人科
生月弓子


inner-title-4

予防接種は順調に進んでますか? かかりつけ医と相談をしながら、計画的にスケジュールを組んでいきましょう。

11ヵ月のお子さんの
予防接種終わっているかチェック

「B型肝炎」「ヒブ」「小児用肺炎球菌」
「四種混合(DPT-IPV)」各3回目まで
「ロタウイルス」3回目まで任意
「BCG」

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」おすすめスケジュールより

btn-blue

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」ホームページへ

inner-title-5

btn-blue

btn-blue