Q&A

小児科医による説明・アドバイスが読めるページです。

病気のことQ&A


うんちの色がよく変わるのは異常ですか?

どうしたらいいの?

生後1ヵ月です。うんちの色が、緑っぽかったり茶色っぽかったり、黄色っぽかたり、その日によって変わります。何かの病気ではないでしょうか。

真っ白でなければ心配ありません。

新生児期の便の色は、緑色だとよく言われますが、緑だけでなく、茶色っぽい黄色だったり、ミルクを飲んでいる赤ちゃんは白っぽかったりとさまざ まです。また、便のなかに白い粒々があるのを心配するお母さんもいますが、これは母乳やミルクに含まれるたんぱく質や脂肪が固まったものです。便の色や 量、回数は赤ちゃんそれぞれなので、心配ありません。

受診が必要な便は、血が混じっている便、真っ白な便です。これらは、感染症や肝疾患の可能性があります。


おしっこが赤っぽいのですが、病気ですか?

どうしたらいいの?

3か月の女の子ですが、このあいだおむつを替えたら、赤っぽいしみがついていました。血尿ではないかと心配なのですが。

多くは心配のない自然の色です。

おしっこには尿酸という物質が含まれていて、乾燥するとオレンジ色の結晶になり、おむつに付着すると、赤色やオレンジ色に染まってみえることがあります。また、赤ちゃんがかぜをひいたとき、せきを止めるために「アスベリン」という薬を飲むと、尿が赤みを帯びます。

おしっこの色で心配なのは、真っ赤なもので、これはおむつについて乾くと、赤黒くなるので、明らかに違いがわかると思います。このような場合は、腎炎などが疑われますので、なるべく早く受診してください。


目が真ん中に寄っています。

どうしたらいいの?

6ヵ月の子どもですが、黒目が真ん中に寄っているように見えます。斜視でしょうか。

「ものを見る」機能が未発達な乳児のうちはよくあります。

人間は、右目で見る像と左目で見る像が多少違っています。顔の正面に1本指を出して、片目づつで見ると、多少違った見え方をしますから、やって みてください。この、少し違う像をひとつに見えるようにまとめているのは、脳のはたらきです。分析してひとつの像にまとめられるようになると、両眼でもの を見て、ものの立体感や遠近感をつかむことができるようになります。赤ちゃんが、両眼でものを見られるようになるのは、だいたい6か月以降です。それまで は、斜視のように見えることもよくあります。

目が内側にずれて寄り目になっているのは、「内斜視」といいますが、赤ちゃんの場合は、目と目が離れていたり、黒目の内側の白目が見えにくかっ たりして、内斜視に見えることがあります(偽内斜視)。偽内斜視は成長とともに気にならなくなりますし、目の機能には問題ありません。

いっぽう、ひとつの像を分析してまとめる脳のはたらきに問題があったり、片方の目の筋肉や網膜に異常がある、片方の視力が極端に弱い、などの原 因があると、その目が使われず斜視になることがあります。斜視を放っておくと、片方の視力が低下して弱視になったり、立体感や遠近感をつかむ両眼視機能の 発達も遅れますので、治療や矯正が必要になります。6ヵ月を過ぎれば、そろそろ斜視の診断も可能になりますので、一度眼科を受診してみるとよいでしょう。


湿疹が治りません。アトピーでしょうか。

どうしたらいいの?

生後4ヵ月ぐらいから、頭にかさかさしたふけのようなものや、黄色いかさぶたのようなものが出ています。7ヵ月の今も続いています。ひざの裏もざらざらしていましたが、保湿クリームで少しよくなってきました。アトピー性皮膚炎でしょうか。

頭の湿疹は脂漏性湿疹でしょう。アトピーが気になるなら受診を。

実際に診ていないので推測の域を出ませんが、頭の湿疹は、脂漏性湿疹である可能性が高いと思います。脂漏性湿疹は、頭皮やそれ以外の毛の生える 部分にじくじくした黄色い分泌物が出てきて、それが固まってかさぶたのようになります。これは、胎内でお母さんからもらった女性ホルモンの影響などで、皮 脂腺が活発に活動し皮脂がたくさん分泌されるためになると考えられています。

ひざ裏も確かにアトピー性皮膚炎の起りやすい部位です。アトピー性皮膚炎は皮膚科や小児科の医師が診れば判断できますので、一度診てもらいましょう。

アトピー性皮膚炎以外でも、赤ちゃんは皮膚が薄いので、水分が蒸発しやすく、皮膚が乾燥気味になり、すぐにかさかさしてしまいます。日ごろから、保湿クリームで肌を保護するようにしましょう。


卵黄で湿疹が出ました。

どうしたらいいの?

生後8ヵ月です。先日、夕ご飯のあと、顔やおなか、背中に、もりあがった発疹がたくさんきて、子どもは痒そうにかきむしりました。とりあえず冷 やしていたら、しばらくして症状は消えました。そのときのメニューは、鳥肉と野菜と卵黄のおじやでした。食物アレルギーでしょうか。

たぶんじんま疹でしょう。原因の特定は簡単ではありません。

お子さんに現れた発疹は、たぶんじんま疹でしょう。夕ご飯のあと出て、冷やしたら消えた、とありますので、原因としては食物だけでなく、部屋が急に暑くなったというような、物理的な刺激も関係していたかもしれません。

じんましんの原因はいろいろあります。物理的刺激(温度、日光など)や食物によるものが多いのですが、原因が特定できない場合も少なくありませ ん。これまでなんでもなかった食べ物でも、体調によって突然反応が出ることもあります。ストレスや運動などによっても起こることがあります。

今回の発疹は、タイミングなどから、その直前に食べた食物である可能性は高いと思います。ただ、じんま疹を起こすのに必要な食物の量は微々たるものですので、原因としては鶏肉や卵だけでなく、野菜や米なども考えられます。

ただし、すべてが食事によるものとは言い切れませんし、今後同じものを食べても大丈夫なこともありますので、自己判断で食事制限をしたりしない でください。また、現時点ですぐに検査をする必要もないと思います。今後、また同じような発疹が出て、そのときに食べたものと今回と共通の食品があった ら、小児科医に相談してください。


耳の裏のしこりが気になります。

どうしたらいいの?

10か月の男の子ですが、最近耳の裏にあるしこりが気になります。右側が特に目立ちます。リンパ節のがんなどではないかと、心配でなりません。

骨の上のリンパ節だから目立つのです。

からだのなかに細菌やウイルスが侵入すると、こうした外敵をやっつけようと、侵入した周りのリンパ節で免疫のはたらきがさかんになります。リンパ節がはれるのは、細菌と戦っている証拠です。

リンパ節がたくさんあるところは、手や足の付け根、首筋です。これらは柔らかい部分にあるので、かなりはれないと目立ちませんが、耳の後ろにあるリンパ節は、すぐ下に硬い骨(頭蓋骨)があるため、少しはれるだけでもはっきり目立つのです。

リンパ節にできる腫瘍(しゅよう)もありますが、子どもではまれですし、耳のうしろだけでなく、全身のリンパ節がはれて、さらにだんだん大きくなり、3~4cmぐらいにもなります。大きくなっている様子はないようですし、心配する必要はまったくないでしょう。


激しく泣いたあとにひきつけました。

どうしたらいいの?

1歳の男の子です。先日、激しく泣いたときに急に呼吸が止まったようになって、顔と唇が青くなり、ひきつけたようになりました。あわてて抱き上 げて背中をさするとすぐにおさまり、その後はケロリとしています。変わった様子もないので病院には行きませんでしたが、また同じようなことがあるのでは、 と心配です。

泣き入りひきつけでしょう。何度も繰り返すようなら受診を。

症状からみて、泣き入りひきつけでしょう。機嫌が悪かったり、恐怖や苦痛で強く泣いた時に、強く息を吐き出し次の息をすうことができないまま、 全身のけいれんが起こるものです。 てんかんによるけいれんや熱性けいれんは、脳の電気的な活動が過剰になっておこるのですが、泣き入りひきつけは、強く 泣いたために、自律神経が興奮状態になり、意識がなくなったり、けいれんをおこしたりすると考えられています。いわゆるカンの強い子に多く、なにもしなく ても次第に起こさなくなります。

けんれん止めの薬は飲んでも効きません。また脳波検査をしても異常はみつかりません。ひきつけがおこったら、あわてて揺すったりせず、静かに寝 かせ、吐いたときにのどにつまらせないよう、横を向かせます。けいれんがおさまったら、赤ちゃんが不安を感じないよう、優しく落ち着いた様子で接してあげ ましょう。

心臓の病気や、てんかんのなかにも似た症状を示すものがあるので、何度も繰り返し起こすようなら、これらの病気と区別するため、一度小児科医を受診したほうがよいでしょう。


あざをとるかとらないか迷っています。

どうしたらいいの?

生まれつき、右腕に4センチほどの黒あざがあります。専門病院で診てもらったところ、現在の年齢(1歳半)なら、全身麻酔をして手術をする方 法、10歳過ぎたら、レーザー治療が可能といわれました。物心がついて、本人が気にする前にとってあげたい気持ちと、全身麻酔までして…という気持ちで、 迷っています。

ご両親でゆっくり話し合って、最終判断をしてください。

黒あざ(色素性母斑)は、ほくろの大きいもので、からだに悪影響を与えるものではありません。そのままにしておくとからだに悪影響が出るもの や、痛みなどの症状があるものであれば、すぐに手術をお勧めすることになるのですが、この黒あざは自覚症状もなく、そのままほうっておいても悪化するわけ でもありません。また本人が将来気にするかどうかも、わかりません。そういう意味で、医学的判断を越えた質問です。

全身麻酔は、現在の麻酔の技術の進歩で、安全に行うことができます。本人に何か重い疾患(たとえば心臓病)がある場合の全身麻酔には多少の危険 はともないますが、そうした基礎疾患がなければ安全に行うことができます。しかし、麻酔にともなう事故はまったくゼロかといえば、そうではありません。

たとえあざがあっても、そのすべてを含めて、「かけがえのない大事なわが子」であるという思いで育てていけば、子どもも、きっと明るく伸び伸び とした子に育ちます。もちろん、安全な方法があれば、とってあげたいという親ごさんの気持ちも分かります。手術をするかしないか、治療するとすればいつど んな方法でするかは、最終的には親ごさんが決めることです。よく話し合って、納得のいく方法を選んでください。


よく鼻血を出します。

どうしたらいいの?

このごろよく鼻血を出します。鼻をいじったりして出ることもありますが、そうではなく、夜寝ている間に自然に出て、朝起きると布団が真っ赤になっているようなこともあります。

幼児期から学童期にかけて、子どもはよく鼻血を出します。

鼻の入り口の粘膜に集まっている毛細血管は破れやすく、アレルギーや鼻ほじり、のぼせなどで、すぐに出血します。基本的には心配ありません。

鼻血が出たときは、脱脂綿やガーゼ、ティッシュをつめ、小鼻を数分押さえます。のぼせが原因のときには、冷たいタオルで冷やしてあげるといいでしょう。上を向かせたり、首の後ろをたたいたりしてはいけません。

ひんぱんに鼻血を出し、だらだらといつまでも止まらないようなときには、一度耳鼻科を受診してみましょう。


遠視と言われました。眼鏡をかけなければいけませんか。

どうしたらいいの?

3歳児健診で遠視と言われ、眼科で眼鏡をかけることを勧められました。何となくかわいそうな気がして、ちゅうちょしています。かけずに治せる方法はないのでしょうか。

治療用の眼鏡をかければ、数年で矯正できます。

遠くのものにピントがあってしまい、近くのものが見えにくい目の状態を遠視といいます。目の機能が発達途上の幼児期の子どもに多くみられます。

遠視をほうっておくと、見えやすいほうの目だけを使ったり、よく見えないままで過ごすため、斜視や弱視になる場合があります。遠視用の眼鏡をか けてピントを合わせやすくすると、両眼でものをみられるようになります。定期的に視力検査をしながら経過に合わせて数年眼鏡をかけていると、目の機能が発 達し、視力が矯正され、眼鏡も不要になることが多いので、ほうっておかず、ぜひ早めに治療しましょう。


保育園で頭ジラミが発生しました。感染が心配です。

どうしたらいいの?

子どもの通っている保育園で頭ジラミが発生しました。うちの子にも感染しないか、子どもを通じて家族にも感染しないか心配です。感染経路、予防方法、感染した場合の治療について教えてください。

頭に直接触れるものは共有を避けましょう。

頭ジラミは、戦後消滅したと思われていましたが、近年再び流行しています。小学校や幼稚園、保育園で感染率が高いのは、子ども同士で頭や髪の毛に接触する機会が多いからかもしれません。

頭ジラミの成虫は吸血性で、さされると強いかゆみをともなう赤い発疹が出ます。また、髪の毛の根元にたくさんの卵を生みつけます。一見ふけのように見えますが、髪の毛にしっかり付着しているので、ブラシでも簡単にはとれません。

頭部に直接触れたものから感染するので、寝具や衣類はこまめに交換、洗濯し、ブラシやタオル、帽子、寝具の共有は避けます。保育園での感染が はっきりしている場合、園の設備などについでは一斉駆除をすると思いますので、保育園に通っているお子さんから家族への感染を防ぐように心がけましょう。

まずはお子さんの感染の有無を皮膚科などで確認してもらい、感染しているようなら、スミスリンなどの駆除剤で退治します。髪の毛をなるべく短く 切り、切った髪の毛は慎重に捨てます。熱に弱いので、髪の毛を洗ったあとはドライヤーで乾かし、また、子どもの使っている布団類は、アイロンをかけると安 心です。しばらくは、他の家族も感染していないか、注意深くチェックする必要があります。


よい小児科医の探し方のコツはありますか。

どうしたらいいの?

小さく生まれ、しばらく入院していた子どもが退院します。何かと不安が多いのですが、入院していた病院は遠いので、近くにかかりつけの小児科を作りたいと思っています。よい先生を探すコツがあったら知りたいと思います。

院内の配慮が行き届き、説明のていねいな医師を探してください。

子どものホームドクターは、できれば小児科の専門医が望ましいのですが、地域に小児科医院がない場合には、「小児科・内科」と、小児科が先に書いてある医院を探してみましょう。それもない場合は、「内科・小児科」のなかで、子どもの患者が多い医院を選びましょう。

近所のお母さん仲間からの「口コミ」の情報も役に立ちますが、それぞれの人の価値観や相性もありますので、実際に受診して自分の目で確かめることも大切です。

よい小児科医を選ぶ目安ですが、ひとつには院内が清潔で、子どもが飽きないように待合室が工夫されていること、はしかや水ぼうそうなどの感染症 の患者の待合室が別に設けられていたり、予防接種や育児相談などの時間が、病気の診療時間とは別に設けられているなどの配慮がされていることです。また、 医師が子ども好きで、親の話をよく聞いてくれ、治療や薬の処方についての説明もていねいで、質問にもきちんと答えてくれるかどうかも大切です。

実際に受診してみて、治療経過が思わしくないとか、医師の対応に疑問がある場合には、ほかの医師の診察を受け、信頼できるかかりつけ医を探してください。


※このコーナーは下記「ご利用について」をお読みになり、同意の上お使いください。
ご利用の際は、「ご利用について」の内容に同意されたものとみなします。

~ご利用について~
このコーナーは、直接の問診、触診、聴診などの診療行為なしに行われる、小児科医による、一般的な医療情報の提供および助言です。
「診療」ではありませんので、特定の個人の病気の診断はできません。
利用者は、ご自分の責任に基づいて情報を判断し、必要に応じて直接医療機関を受診し、診断および治療は、医師の診察、指導のもとで行ってください。