inner-title-1

「ママは特別!」という思いが強くなる時期です

寝返りができるようになり、あちこちに移動するようになる時期です。おすわりの初期段階である手をついたおすわりができるようになると、赤ちゃんの好奇心はどんどん広がっていきます。同時に「おなかがすいた」というような生理的欲求のほかに、ほしいおもちゃが手にとれずにイライラするような感情的欲求で泣くこともふえていきます。

またママや、いつもお世話をしてくれる人は特別だという思いが強まります。ほかの人とは違った反応を示すようになる一方で、ほしいものがあると声を出してまわりに知らせたりと、人とのかかわりを喜ぶようにもなります。家族の声を聞き分けられるようになったりと、知恵がついてきたことが、赤ちゃんの動作や表情からうかがえるようになる楽しい時期ですね。

監修:小児科
榊原洋一

赤ちゃんとのスキンシップはいいことばかり

赤ちゃんは、ママやパパに肌をさわられるのが大好き。赤ちゃんの触覚は、おなかの中にいるときから備わっていて「子どもの心は肌にある」といわれるくらいです。たくさんスキンシップをして、赤ちゃんとの生活を楽しみましょう。ママやパパも、赤ちゃんの喜ぶ顔をみると癒されますね。赤ちゃんとのスキンシップはいいことばかりなのです。

離乳食も始まるこの時期は、生活リズムを整えるため、朝の起床やお散歩、食事、昼寝、入浴就寝を毎日同じ時間にするのがおすすめです。生活リズムがなかなか定まらない場合は朝、部屋を明るくして、いつもより早めに起こし顔をふいてあげたり、夜寝るときに部屋を暗くしてみたりしてみましょう。赤ちゃんは少しずつ起きる時間と寝る時間の区別がつくようになりますよ。


inner-title-3

産後の月経の再開には個人差が大きい

産後の月経(生理)の再開については、非常に個人差が大きく、授乳中でも産後半年前後で再開した人もいれば、卒乳後3ヵ月たってもこないケースもあります。基本的には卒乳後6ヵ月で自然な月経が見られない場合には医師に相談しましょう。

月経不順は、ホルモンバランスや自律神経の乱れだけでなく、身体的・精神的なストレスでも起こります。産後の無理なダイエットなどにより月経が乱れることがありますし、育児や家事のストレスは子どもがいないときにくらべ、からだに大きな影響を与えます。月経の不安で受診したところ、不正出血や子宮頸がん、子宮体がん、甲状腺や脳などの疾患が見つかることも。おかしいなと思ったら、産婦人科を受診しましょう。

監修:東京ミッドタウン
クリニック顧問・婦人科
生月弓子


inner-title-4

予防接種は順調に進んでますか? かかりつけ医と相談をしながら、計画的にスケジュールを組んでいきましょう。

6ヵ月のお子さんの
予防接種終わっているかチェック

「ヒブ」「小児用肺炎球菌」
「四種混合(DPT-IPV)」各3回目まで
「ロタウイルス」3回目まで任意
「B型肝炎」2回目まで
「BCG」(BCGは5~8ヶ月の間で1回)

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」おすすめスケジュールより

btn-blue

※NPO 法人「VPD を知って、子どもを守ろうの会」ホームページへ

inner-title-5

btn-blue

btn-blue