コローロ 絵本をめぐるパリ旅行記

はじめまして。絵本制作ユニット「コローロ」です。
私たち、イラスト担当のフジイメグミとデザイン担当のカラシマヨウコは、同じ美術大学を出て、ともに育児をしながら、イラストレーターとデザイナーとして一緒に仕事をしてきました。
子育てが一段落したころ、そんな仕事にあきたらず、「自分たちの絵本を作りたい!」と結成したのが「コローロ」です。

私たちが目指しているのは、洋書のようにオシャレでセンスがキラリと光り、子どもも大人も楽しめる絵本。企画を練るときには、一緒に洋書屋さんをめぐったり、お互いの持っている大好きな外国の絵本作家の絵本を持ち寄ったりと、洋書は私たちの絵本作りにインスピレーションを与えてくれるアイテムです。

そんな私たちが芸術の都、フランスのパリに行くことに!
珍道中のなか、たくさんの絵本を見て、感じたその魅力をパリのレポートとともに、お届けしたいと思います。


第3回 パリの町の子どもたち編

私たちが「リセエンヌ」や「マドモアゼル」に憧れたのはずいぶん昔のことで 今の興味は、パリの子どもや家族の様子。 自分の子どもたちがすっかり大きくなった今は、「次は孫だね?」なんて 冗談を言いながら、オシャレなパリの親子を […]

≫ 続きを読む


第2回 町の絵本屋さん編

今回のパリ旅行の目的の1つでもある絵本屋さんめぐり。 パリの町は東京都の世田谷区ほどの大きさですから、カフェでひと休みをしたり ブラブラと町めぐりしながら、暮らしの中の絵本屋さんを見てきました。 私たちが訪れた絵本屋さん […]

≫ 続きを読む


第1回 セーヌ川クルーズと美術館の絵本編

私たちが宿泊したのは、ルーヴル美術館が見えるクラシックホテル。 パリ市の中央にはセーヌ川が流れています。     町全体が美術品(美術館)とも言えるパリは、 どこを見ても歴史的建造物ばかり。 観光名所ともなれば、それはそ […]

≫ 続きを読む