「特定保健指導」とは、どんなときに行われるものか知っていますか?

「メタボ」とは、いったいどんな病気だと思いますか?

現在、平均寿命が80歳を超える日本。最大の敵は、長寿を阻害する生活習慣病による死亡率の高さです。生活習慣病を早期に発見するには、まず自分の身体の状態を知ることが重要です。

 

特定保健指導ってなに?

 

「メタボリックシンドローム」、いわゆる「メタボ」は、内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常が合併した状態をいい、命の危険に関わる病気を引き起こす場合があります。これら生活習慣病の発症や重症化を未然に防ぐことを目的に、平成20年4月から「特定健康診査」が始まりました。これは40歳~74歳のすべての国民に対して年1回の特定健康診査を行い、その結果を踏まえて保健指導を行うことを、健康保険組合などの医療保険者に義務づけたものです。

特定健康診査の結果、メタボリックシンドロームが発見された場合には特定保健指導を受けていくことになります。というのも、生活習慣病は薬で治療していくというより、まずは生活習慣の見直しをして、健康な身体の状態に戻していくことが重要になるからです。

そうした目的のために行われる支援プログラムが、特定保健指導です。受診者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣の改善のための自主的な取り組みを継続的に行うことができるよう、生活面や食事面など保健師、管理栄養士がさまざまな働きかけやアドバイスを行います。

 

特定保健指導のプログラムは?

特定健康診査の結果により決定した3つの保健指導レベルに合わせ、ひとりひとりに合った健康づくりの方法を考え、支援していくことが目的です。「情報提供レベル」「動機づけ支援レベル」「積極的支援レベル」とリスクに該当する数によって支援のレベルが違ってきますが、ここでは「動機づけレベル」について流れをみてみましょう。

 

動機づけ支援の進め方

naruken06

※リスクが多い場合の「積極的支援レベル」での保健指導では、6ヵ月間に数回、メールや電話での支援を受けることになります。

特定保健指導はいずれの場合も、生活習慣の見直しをすることにより設定された目標を達成することが目的です。6ヵ月後に評価をします。厚生労働省の調査では、保健指導を受けたことで、男性は2〜3割、女性は3〜4割の方が数値が改善したという結果も出ています。

まだ病気こそ発症してはいないものの、メタボは病気予備軍である、という事実を受け入れ、摂取カロリーを減らしていくことで食生活を見直したり、有酸素運動をすることでカロリーを消費するようにしたりなど、食事療法と運動療法を上手に組み合わせて行動目標を実現していきたいですね。

6ヵ月後には以前よりもいきいきと生活している自分の姿を思い浮かべながら、生活改善を心がけ、健康的な生活を維持していきましょう。