結膜の炎症(目の充血)・目やに

症状別、病名別などで、赤ちゃんの気になる病気の小児科医による説明・アドバイスが読めるページです。


麻疹(はしか)

特徴的な症状

【熱がある】【赤い発疹】【結膜の炎症(目やに)・目の充血】

麻疹ウイルスによる全身感染症です。症状は2期に分けられます。
1期は、かぜ症候群によく似ており、咳と鼻水、結膜炎と中程度(38度くらい)の発熱がおこります。
3〜4日でいったん熱は少し下がりますが、その後急速に高熱となり、同時に特徴的な赤く細かい発疹が全身に広がります。高熱と全身倦怠感のためにぐったりします。また光をまぶしがるのも麻疹の特徴の一つです。
ウイルス感染が肺に及ぶと、呼吸困難のために命にかかわることもあります。数日高熱が続いて後に解熱しますが、発疹は癒合し、治った後に色素沈着を残します。重症の場合は、ガンマグロブリンによる治療で症状を多少軽減することができます。
予防接種で予防できます。

受診のタイミング

しばらく様子をみて、診療時間に医療機関へ。高熱、ぐったりしているなど、全身状態が悪い場合は、なるべく早く医療機関へ。

ホームケア

活動度 家のなかで寝かせる。保育園・幼稚園には医師の許可が出てから通う。
食事 のど、口内が痛くて食べられないときは、脱水症状を避けるために水分を少量ずつ与え、食事は口あたりのよい豆腐、アイスクリーム、ゼリーなどを。
医師に処方された薬を正しく服用する。
入浴 熱が下がりきるまでは温かい濡れタオルで体を拭く。
熱へのケア 首筋、わきの下、ももの付け根など、動脈が通っている場所を氷まくらなどで冷やし、衣服は1枚薄着、布団も薄めにして、熱がこもらないように。
汗をかいたら着替えさせる。
アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱・プール熱)

特徴的な症状

【熱がある】【のどの痛み】【結膜の炎症(目の充血)・目やに】

アデノウイルスに感染することによっておこる夏に多い感染症。プールで感染することが多いことからこの名前がついています。
いわゆるかぜ症候群の5〜8%はアデノウイルスによるものですが、タイプV型のアデノウイルスが、この病気を起こします。別名は咽頭結膜熱といい、喉が赤くはれ痛みを伴い、結膜の充血も激しく、首のリンパ節も腫れて痛みます。4〜5日と長期間続く高熱が特徴で、咳や鼻水はあまりでません。
高熱とともに全身倦怠感が強く、ぐったりします。予防接種はなく、抗生物質も効果ありません。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。対症療法や、診断をつけるために、診療時間に医療機関へ。高熱が続く、うなされるといった症状が現れた場合は、なるべく早く医療機関へ。

ホームケア

活動度 家のなかで寝かせる。保育園・幼稚園には医師の許可が出てから通う。
食事 熱が高く食事ができないときは、水分補給を少量ずつ行い、解熱剤で熱が下がったときに、おかゆなど消化のよいものを。
医師に処方された薬を正しく服用する。解熱剤は、種類によっては脳症との関連を疑われているものがあるので、必ず医師の指導に従って用いる。
入浴 熱が下がりきるまでは温かい濡れタオルで体を拭く。
熱へのケア 首筋、わきの下、ももの付け根など、動脈が通っている場所を氷まくらなどで冷やし、衣服は1枚薄着、布団も薄めにして、熱がこもらないように。汗をかいたら着替えさせる。
川崎病

特徴的な症状

【熱がある】【赤い発疹】【リンパ節の腫れ】

皮膚と粘膜(口、目)、全身の血管に激しい炎症が起こる、原因不明の炎症性疾患。幼少の子どもに多く、日本で多発しています。
5日以上続く高熱と、手の腫れ、全身の皮膚の赤い発疹、リンパ節の腫れなどの、全身の強い炎症反応が起こります。
舌はイチゴ舌と呼ばれ真っ赤になり、結膜も強く充血します。心臓の冠状動脈に動脈瘤ができ、そこがつまることによって心筋梗塞が起こることもあります。
早期に診断をつけて、大量ガンマグロブリン療法によって、治療が可能です。

受診のタイミング

高熱が続いている場合は、なるべく早く医療機関へ

ホームケア

活動度 入院治療が必要。
退院後の生活 冠動脈瘤などの後遺症が残らなかった場合には、徐々に通常の生活に戻り、運動制限などは必要ない。定期的な検査は必要。
アレルギー性鼻炎(花粉症)

特徴的な症状

【鼻水がでる・鼻がつまる】

杉などの花粉が、鼻や目の粘膜につくと、それを異物として排除しようと免疫グロブリンEが体内にできますが、それが必要以上に産生されると、粘膜に強い炎症が起こってきます。
強いかゆみと多量の鼻汁が分泌され、結膜の充血を伴うこともよくあります。かゆみ、多量の透明な鼻水、鼻づまりが主要症状です。原因となる花粉の種類によって、季節が少しずつ異なり、春先と秋が好発シーズンです。
花粉を吸入しないようにしてマスクで予防するほか、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服、ステロイド剤の点鼻などで治療します。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。鼻づまりがひどく眠れないといった症状が続く場合は、診療時間に医療機関へ。

ホームケア

活動度 外出、登園しても差し支えない。
食事 普通どおりの食生活でよい。
医師に処方された薬を正しく服用する。
入浴 入浴すると、湯気で症状が楽になることがある。
その他 花粉が多い季節には、マスクをして外出する。洗濯物を外に干すのを控える、空気清浄機を使うなど、生活にも工夫をする。
溶連菌感染症

特徴的な症状

【熱がある】【赤い発疹】【のどの痛み】

溶血連鎖球菌(溶連菌)にはいくつかのタイプがあり、皮膚炎(丹毒)、咽頭・扁桃腺炎、肺炎、髄膜炎など、さまざまな部位に感染を起こします。
溶血連鎖球菌の一タイプであるビリダンス菌による感染では、細菌に対する免疫抗体が、細菌だけでなく体の中のさまざまな臓器に向かってしまうという現象が起こり、全身の炎症反応が引き起こされます。そのために皮膚に発疹がでたり(猩紅熱)、心臓弁膜に炎症が起こったり(リウマチ熱)、腎炎が起こったりすることがあります。

受診のタイミング

しばらく様子をみて、診療時間に医療機関へ。高熱が続くなどで、ぐったりしている場合には、なるべく早く医療機関へ。

ホームケア

活動度 家のなかでおとなしく過ごさせる。保育園・幼稚園には医師の許可が出てから通う。
食事 のど、口内が痛くて食べられないときは、脱水症状を避けるために水分を少量ずつ与え、食事は口あたりのよい豆腐、アイスクリーム、ゼリーなどを。
症状が消えてからも、処方された分の薬は最後まで飲み切る。
入浴 -
化膿性結膜炎

特徴的な症状

【結膜の炎症(目の充血)・目やに】

感染による結膜炎はウイルスによるものと細菌によるものがあります。
ウイルスの感染によるものは、今はあまり流行らなくなったトラホームや、アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱)などです。細菌感染による結膜炎が化膿性結膜炎です。結膜は真っ赤に充血し、細菌の増殖による膿が浮きだします。
痛みが強く、腫れも激しいために、目をあけることができなくなるほどです。炎症を起こす菌は黄色ブドウ球菌や肺炎そう球菌、クラミジアなどです。
抗生物質の点眼や眼軟膏で治療します。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。目の痛みが強い、まぶしがる、膿が出るといった症状が現れた場合は、診療時間に医療機関へ。。

ホームケア

活動度 家のなかでおとなしく過ごさせる。保育園・幼稚園には症状が消えてから通う。
食事 普通どおりの食生活でよい。
医師に処方された薬を正しく点眼、塗布する。
入浴 お風呂にいれてもかまわないが、ほかの家族への感染を防ぐため、タオルは別にする。
その他 目やにを拭いたら手を洗い、拭き取ったティッシュはそのつど捨てる。
アレルギー性結膜炎

特徴的な症状

【結膜の炎症(目の充血)・目やに】

花粉症のひとつの症状として現れるものです。結膜の激しい掻痒感(かゆみ)と、粘膜の腫れが特徴です。
アレルギー性鼻炎と合併することが多い疾患です。ステロイドホルモンの入った点眼薬で治療します。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。目の痛みが強い、まぶしがる、膿が出るといった症状が現れた場合は、診療時間に医療機関へ。

ホームケア

活動度 外出、登園して差し支えない。
食事 普通どおりの食生活でよい。
医師に処方された薬を正しく点眼、塗布する。
入浴 お風呂にいれてもかまわない。
その他 花粉が多い季節には、洗濯物を外に干すのを控える、空気清浄機を使うなど、生活に工夫をする。
さかさまつげ

特徴的な症状

【結膜の炎症(目の充血)・目やに】

乳幼児はまぶたに脂肪が多く厚いために、まつげが前方ではなく、下方(下のまつげは上方)に突き出しています。そのためにまつげの先端が目に直接触れている状態をいいます。
乳児期は、まつげが細く柔らかいので、結膜に軽い充血が起こるくらいですが、この状態が幼児期まで続くと、次第に太く硬くなったまつげによって、結膜や角膜が傷ついて角結膜炎が起こるようになります。
通常は、成長につれてまぶたが薄くなり、さかさまつげ状態は自然に解消しますが、そうした自然軽快がない場合、手術でまつげの角度を変える治療が必要になります。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。年齢が上がっても治らず、目が赤くなるといった結膜の炎症を繰り返すようなら、一度病院で診察を。

ホームケア

活動度 外出、登園して差し支えない。                       
食事 普通どおりの食生活でよい。
特に必要ない。
入浴 お風呂にいれてもかまわない。
鼻涙管閉塞

特徴的な症状

【結膜の炎症(目の充血)・目やに】

涙腺から分泌された涙は、目頭にある涙湖にたまり、そこから鼻涙管という管をとって鼻にぬけるようになっています。乳児ではこの管が細く、ちょっとした炎症で詰まってしまいます。これが鼻涙管閉塞で、涙が鼻に抜けていかないために、涙がいつもたまった状態になります。
涙が排泄されないために、結膜炎などの感染症が起こりやすくなります。
目頭を指でやさしくマッサージすることで、通るようになることもありますが、細い管を通して閉塞をとる治療が必要になることもあります。
成長とともに、自然軽快することの多い疾患です。

受診のタイミング

家で経過をみましょう。結膜炎をおこしている場合は、一度病院で診察を。

ホームケア

活動度 外出、登園して差し支えない。
食事 普通どおりの食生活でよい。
特に必要ないが、感染をおこしている場合は医師に処方された薬を正しく点眼する。
入浴 お風呂にいれてもかまわない。
その他 目やにがたまりやすいので、お湯にひたしたガーゼで拭き取る。
※このコーナーは下記「ご利用について」をお読みになり、同意の上お使いください。
ご利用の際は、「ご利用について」の内容に同意されたものとみなします。

〜ご利用について〜
このコーナーは、直接の問診、触診、聴診などの診療行為なしに行われる、小児科医による、一般的な医療情報の提供および助言です。
「診療」ではありませんので、特定の個人の病気の診断はできません。
利用者は、ご自分の責任に基づいて情報を判断し、必要に応じて直接医療機関を受診し、診断および治療は、医師の診察、指導のもとで行ってください。