HOW TO 冬の子育て 気になる冬の病気編

寒い季節は、感染症などが増える時期。赤ちゃんやお子さんが体調を崩すことが多くなり、ママやパパも心配ですね。赤ちゃんや子どものことは、しゃくし定規にはいかないもの。情報はあくまでも目安とし、目の前のお子さんの様子をよく見て、ケアしてあげてくださいね。

監修・榊原洋一(お茶の水女子大学大学院教授)

Q1 RSウイルス感染症

Q1-1. 「RSウイルス感染症」とはどんな病気ですか?

RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスの感染による呼吸器の感染症です。RSウイルスは日本を含め世界中に分布しています。生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%の児がRSウイルスに少なくとも1度は感染するとされています。症状としては、軽い風邪様の症状から重い肺炎まで様々です。しかしながら、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期 (生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、重篤な呼吸困難などの症状を伴う細気管支炎を引き起こすことがあります。そのため、特に乳児 期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

Q1-2. 受診のタイミングは?

小さなお子さんにかぜのような症状が見られ、熱が38度以上に上がり、呼吸が浅く速くなる、ゼイゼイと咳がひどく眠れない、痰が詰まる、顔色が悪い、急にぐったりするなどの様子が見られたときは、夜中でも小児科医のいる病院へ受診しましょう。特に、生後6か月未満のお子さんは注意してください。熱が38度以上でも、水分が摂れていて、普段よりは元気がない、程度であればおうちで様子をみても大丈夫です。

Q1-3. 「RSウイルス感染症」のホームケアのポイントは?

【活動度】 保育園・幼稚園には登園はできません。病院の指示に従ってください。
【食事】 食欲が無いようであれば水分補給は忘れずに行ってください。
【薬】 病院の指示に従ってください。
【入浴】 熱が下がるまではタオル等で身体をふく程度でさっぱりさせてあげてください。
【その他】 治療は対症療法が行われます。先天性心疾患や慢性肺疾患など基礎疾患のあるお子さん、および早産児だった子どもには、予防的に重症化を防ぐ注射を行います。日ごろからかかりつけ医とよく相談し、助言を受けるようにしてください。

Q2 インフルエンザ

Q2-1. 「インフルエンザ」とはどんな病気ですか?

インフルエンザはインフルエンザウイルスが呼吸器粘膜から体に侵入し、増殖することによる全身性感染症です。高熱、筋肉痛、頭痛、喉の痛み、結膜炎、咳などの 症状があり、肺炎や脳症を合併すると重症になることがあります。強い感染力があり、冬に大流行します。A,B,Cの3つの型があり、大流行するのはA型とB型です。高熱は2~4日続いたのちに下がりますが、咳は解熱した後もしばらく続きます。予防接種があります。抗生物質は効果がありませんが、最近効果のある抗ウイルス薬が開発され使用されるようになっています。

Q2-2. 受診のタイミングは?

なるべく早く医療機関へ受診しましょう。診断が早いほど、薬がよく効き、症状が軽くすみます。受診のタイミングは大人と同じでOKです。①食欲があるか、②機嫌よく遊べているか、などが目安です。

Q2-3. 「インフルエンザ」のホームケアのポイントは?

【活動度】家のなかで寝かせましょう。保育園・幼稚園には医師の許可が出てから通いましょう。
【食事】熱が高く食事ができないときは、水分補給を少量ずつ行い、解熱剤で熱が下がったときに、おかゆなど消化のよいものを食べさせてあげてください。
【薬】医師に処方された薬を正しく服用しましょう。解熱剤は、種類によっては脳症との関連を疑われているものがあるので、必ず医師の指導に従って用いましょう。
【入浴】熱が下がりきるまでは温かい濡れタオルで体を拭いてあげてください。
【熱へのケア】首筋、わきの下、ももの付け根など、動脈が通っている場所を氷まくらなどで冷やし、衣服は1枚薄着、布団も薄めにして、熱がこもらないように。汗をかいたら着替えさせましょう。

Q3 ウイルス性胃腸炎

Q3-1. 「ウイルス性胃腸炎」とはどんな病気ですか?

ウイルス性胃腸炎はエコーウイルス、エンテロウイルス、ロタウイルスなどの腸管内で繁殖するウイルスによって、下痢、嘔吐などの症状を呈する消化器疾患です。そのなかでも、ロタウイルスによるものは症状が強く、「ロタウイルス感染症」と呼ばれ、また、冬季に乳幼児に重症の嘔吐・下痢を起こすことから、「冬季下痢嘔吐症」との別名で呼ばれることもあります。発熱はないか軽く、血便などがみられることはありません。腹痛も細菌性下痢症に比べると軽く、脱水さえ防いでいれば自然治癒します。

Q3-2. 受診のタイミングは?

下痢だけで口から食べられる場合は、水分補給を十分にしながら、家で経過をみましょう。下痢がひどい、嘔吐を繰り返す、脱水症状が見られる場合は、早めに医療機関へ受診しましょう。

Q3-3. 「ウイルス性胃腸炎」のホームケアのポイントは?

【活動度】家のなかでおとなしく過ごさせる。保育園・幼稚園には症状が消えてから通いましょう。
【食事】吐き気、下痢がひどいときは、無理に食べさせず、水、お茶、乳幼児用イオン飲料など水分の補給を少量ずつ行い、衰弱がひどいときには点滴を受けましょう。柑橘系ジュースや牛乳は、吐き気、下痢をひどくすることがあるので避けましょう。
【薬】特に必要はありませんが、医師に処方された薬は正しく服用しましょう。
【下痢へのケア】おむつは汚れたら取り換え、おしりを清潔に保ちましょう。回数が多いときはシャワーでおしりを流すのもよいでしょう。トイレに行ける子は、親が便の様子をきちんと観察しましょう。

Q4 急性上気道炎(かぜ症候群)

Q4-1. 「急性上気道炎(かぜ症候群)」とはどんな病気ですか?

かぜは別名「急性上気道炎」と呼ばれ、ライノウイルス、レオウイルス、パラミクソウイルス、RSウイルス、コロナウイルスといった多数のウイルス(200種類以上)が起こす、のど、鼻、気管支の炎症を主症状とする疾患群です。症候群と呼ばれるのは、一つの病気ではなく、多数のウイルスによって引き起こされるためです。のど、結膜、鼻、気管の粘膜の炎症によって、のどの痛み、結膜の充血、鼻水、咳がおこり、全身症状として発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感などの症状があらわれます。通常3~4日で自然治癒します。抗生物質は効果がありません。

Q4-2. 受診のタイミングは?

診療時間中に医療機関へ受診しましょう。ただし、高熱となり、呼吸が浅く速くなる、ゼイゼイと咳がひどく眠れない、痰が詰まる、顔色が悪い、急にぐったりするなどの様子が見られたときは、診療時間外でも病院へ受診しましょう。

Q4-3. 「急性上気道炎(かぜ症候群)」のホームケアのポイントは?

【活動度】家のなかでおとなしく過ごさせましょう。保育園・幼稚園には症状が消えてから通いましょう。
【食事】普通食で構いません。
【薬】風邪ぐすりは症状をやわらげるために使用します。市販の子ども用ぐすり、あるいは医師に処方された薬を服用しましょう。
【入浴】シャワー、入浴は通常通りでよいでしょう。
【熱へのケア】首筋、わきの下、ももの付け根など、動脈が通っている場所を氷まくらなどで冷やし、衣服は1枚薄着、布団も薄めにして、熱がこもらないように。汗をかいたら着替えさせましょう。

Q5.ロタウイルス感染症

Q5-1. 「ロタウイルス感染症」とはどんな病気ですか?

子どもに激しい下痢と嘔吐を起こすウイルスは何種類もありますが、その中で最も多いのがロタウイルス感染症です。冬に流行る冬季下痢嘔吐症の一つです。最初は頻繁な嘔吐で始まり、引き続いて下痢が起こります。白い米のとぎ汁のような下痢便になります。腹痛はあっても通常軽いですが、嘔吐と下痢で体の中の水分と塩分が急速に失われ、脱水状態になります。脱水が続くとぐったりし、皮膚の張りが失われたり、尿がでなくなります。まれに、けいれんを起こすことがあるのも、ロタウイルス感染症の特徴です。抗生物質は効きませんが、水分補給を十分行えば、自然に治癒する病気です。また、ロタウイルス感染症を防ぐ予防接種が受けられるようになりました。是非赤ちゃんのときに受けておきましょう

Q5-2. 受診のタイミングは?

月齢が低いほど、嘔吐で脱水症状になりやすいので、診療時間に医療機関へ受診しましょう。ただし、脱水症状が見られる場合は早めに医療機関へ受診しましょう。

Q5-3. 「ロタウイルス感染症」のホームケアのポイントは?

【活動度】家のなかでおとなしく過ごさせましょう。保育園・幼稚園には症状が消えてから通いましょう。
【食事】吐き気、下痢がひどいときは、無理に食べさせず、水、お茶、乳幼児用イオン飲料など水分の補給を少量ずつ行い、衰弱がひどいときには点滴を受けましょう。柑橘系ジュースや牛乳は、吐き気、下痢をひどくすることがあるので避けましょう。
【薬】特に必要はありませんが、医師に処方された薬は正しく服用しましょう。
【下痢へのケア】おむつは汚れたら取り換え、おしりを清潔に保ちましょう。回数が多いときはシャワーでおしりを流すのもよいでしょう。トイレに行ける子は、親が便の様子をきちんと観察しましょう。