乳幼児の健康・発育・生活習慣

亀頭包皮炎

おちんちんの先端部は亀頭と呼ばれ、小児ではその周りを包皮という皮が覆っています(包茎)。
この包皮と亀頭の間に細菌感染が起こったものが、亀頭包皮炎です。
包皮が赤くなり、痛みがあるため、排尿時に痛み、排尿するのをいやがります。小児はほとんどが、仮性包茎の状態であるので、汚れがたまって感染しやすくなります。
入浴時などに流水で洗ってあげることで予防できます。
治療は、亀頭部の消毒と抗生物質の軟膏塗布です。

≫ 続きを読む



膀胱炎

膀胱の粘膜に細菌が繁殖するために起こる感染症で、尿路感染症のひとつです。
尿道から細菌が侵入する場合が多く、尿道の短い女児に多く発症します。
症状は、排尿したときの痛み、排尿し終わったのにまだ尿が残っている感じ(残尿感)、頻繁な排尿(頻尿)などです。発熱はありません。
尿を顕微鏡で調べると、通常はわずかしかない白血球や、膀胱粘膜細胞、ときに繁殖している細菌が多数認められます。
抗生物質の内服で治療します。

≫ 続きを読む




イクジストモールはこちら

赤ちゃんのケアに役立つ書籍そろってます。

早く元気になるための小児科のかかり方赤ちゃんのつぶやき(改訂版)はじまりは赤ちゃんから「ちょい待ち育児」のススメ大好きが伝わる語りかけベビードレナージュ