便秘症で便が硬く、肛門を通過するときに、肛門部の粘膜に切れ目が生じたものです。
排便のたびに少量の出血があり、便の表面に血液が付着します。また排便時の痛みのために、排便をいやがり、便秘症の引き金になることもあります。
切れた部分に感染が起こると、肛門周囲膿瘍になることがあるので、消毒と、緩下剤によって治療を行います。

≫ 続きを読む